ワーカーズコープ関連の記事が引き続き高い注目度

http://hiroseto.exblog.jp/8761222/

広島瀬戸内新聞ニュース2008年 10月 15日

ワーカーズコープ関連の記事が昨日は、注目されています。

指定管理者には、うまく活用すれば、官僚的でない、自由な発想で事業が進められるという利点があります。

一方で、予算をケチるためだけに、行政がこれを利用すれば、結局のところ、労働者にしわ寄せが行き、さらにサービスにも響きます。

ワーカーズコープの問題としては、肝心要の組織内民主主義が確立しないと、労使の緊張関係が失われ、普通の会社や役所でもありえないような「使用者がやりたいほうだい」、ということになりかねない、ということがあげられます。

組織内に民主主義を確立するには、今のところやはり労働組合しかないということでしょう。

いずれにせよ、今の労働のあり方を考えるという意味で、この問題は関心を集めざるを得ないし、事実そうなっていると思います。

1 労働者の味方の筈のワーカーズコープが組合つぶし? なごやボランティア・NPOセンター 57point

2 労働法軽視「偽装経営者」の温床になるか?市民会議提案の労協法案を考える 56point

3 『KY解雇』が発生? 名古屋市の施設の指定管理者交代のその後 56point

4 日本の裁判所は壊れている、警視庁公安部の権力乱用にお咎めなし 45point

5 型破りの親しみ易さで注目の名古屋・NPOセンター新情報誌『交流感電池』 40point

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中