ワーカーズコープが暴走!?伏見ボランティアセンターで、また異常事態!?

http://www.geocities.jp/sazanami_tsushin/readers08/0812/r08121.html
さざ波通信・一般投稿欄

2008/12/6
さとうしゅういち 30代 サラリードパーソン
(連合組合員、社会市民連合、民主党員)

NPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団)が指定管理者として運営する施設で、信じられない異常事態が進行しています。

今年の4月に指定管理者が変更となった、なごやボランティアNPOセンター。
直営←→民間の変更ではなく、民間から民間に指定管理者が変わるという、全国的にも珍しい事例として注目を集めました。

そして、このセンターは、指定管理開始から1月しかたっていない5月、「KY解雇事件」を起こして、別の意味で、全国的な注目を集めました。

その後、画期的な情報誌を発行して注目を集めたり、その後、東京本部より大量の人員と所長が遅れこまれ、労組つぶしが行 われたりした、なごやボランティアNPOセンターではいま、下記のような異常事態が、また、発生しています。

市民の税金で運営されている、市民のための公共サービスを担うべき場所で、このような、わけのわからない事件、人権侵害 事件、ネオリベNPOの暴走が発生していることを、一人でも多くの人に知っていただきたく思います。

ぜひとも、各所に転載したり、話題にしたりしてください。

効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンター」職員総入れ替え(JANJAN 2008/03/22)
http://www.news.janjan.jp/area/0803/0803203247/1.php

『KY解雇』が発生?
名古屋市の施設の指定管理者交代のその後(JANJAN 2008/06/15)
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0806130507/1.php

「なごやボランティア・NPOセンター」依然、経営側の暴走 続(JANJAN 2008/12/01)
http://www.news.janjan.jp/area/0812/0811292477/1.php

(転載歓迎)
■伏見ボランティアセンターで、また異常事態!?■
■ みなさまのご支援、ご協力をお願いします ■

非常勤の約束が、イキナリ給料半分に!!
非常勤(自給850円)切り捨てか!!

理事会決定の名のもとに暴走所長!!
労協の理念、労働者の権利、人間としての尊厳を、全て粉砕!!!

●非常勤イジメ?激減された勤務シフト

5月に不当解雇事件が起きた「なごやボランティア・NPOセン ター」(NPO法人ワーカーズコープが指定管理者)で、またも や、無茶苦茶な問題が起きている。前回の被害者Nさんは「態 度が悪い」「組織に対して情熱が感じられない」などの、難癖 としか言いようがない理由で、即日の不当解雇を言い渡された のですが、その事件の余韻も醒めやらず、真相も究明されてい ないにも関わらず、今度は非常勤職員が勤務日数を激減されて いるのである。

●常勤になれるはずが…突然の月6日!? 給料は半分に!

シフトを削減されているのはYさん。長く利用者としてセン ターに関わってきたが、5月以降スタッフとして勤務。センタ ーの業務を充実させようと、残業もいとわず常勤職員以上に奮 闘してきた人物である。Yさんは、いずれは常勤になることを 検討する契約で雇用されており、8月3日に、NPO法人ワーカ ーズコープ東海開発本部長・川辺晃司氏により 「8月15日からは常勤でよろしく」と、同法人の専務理事・ 坂林哲雄氏、前センター所長・中里喜好氏、現センター所長・ 松垣芳信氏も同席のうえで言い渡され、正規雇用で働くことが できると準備を進めていた。
ところがその後、常勤の話は遅々として進まないばかりか、8 月27日、「来週から勤務は月6日になる」と言い渡される。
Yさんはもともとフリーのカメラマン。これまで自分の腕一 本で生きてきたのだが、労働者ひとり一人が出資し、対等な立 場で経営に関わる「労働者協同組合」=ワーカズコープの理念 に期待し、自身の仕事を整理して、常勤での勤務に備えていた 。 そこに待ちかねていたのが今回の事態である。
8月までは月に20万ほどの給与があったYさん。その後、イキ ナリ労組が労使交渉を行い、勤務日数は少し回復したもの、そ れでも給与は半分以下、手元に残る金額は、生活保護の基準額 よりもはるかに少ない。
黒猫1匹を養い、糖尿病を患いながら生活しなければならな いYさんは今、生活保護申請をしなければならないのではない かと、真剣に頭を悩ませている。

●「経営問題」を持ち出して逃げる当局 ―「労働者協同組合 」の理念が泣いている―

Yさんのシフトを削減する一方、経営者側が財政の見直しに 取り組んだ形跡は全く見られない。
8月の終わりから、センターには東京から続々と人員が送り 込まれてきた。
「本部から来た」という彼らは、何をするでもなく、センター の利用者用のフリースペースに居座り、昼寝にかまけていたか と思えば、職員に対して威圧的に誓約書の提出を強要し、応じ なければ自宅待機を命ずるといった不当労働行 為を行った。彼らの出張費用だけでも、十分にYさんを常勤職 員として雇えるはずである。Yさんに対する契約不履行は棚に 上げ、自身の営業・経営の自由を優先する経営者側の対応は、 何より「労働者協同組合」の看板に自ら唾を吐く行為と言わざ るを得ない。

●一刻も速い「ボランティア・NPOセンター」の人間性回復 を!

Yさんの生活はすでに破綻している。家賃も滞納し、病院に も通えず、薬も治療もなく、糖尿病も悪化しつつある。このよ うな甚だしい人権侵害をそのままにして、どうやってボランテ ィアやNPO活動の支援拠点をつくってゆくことができるのか。 ワーカズコープ代表理事、永戸祐三氏及び、センター所長松垣 芳伸氏は、Yさんの労働者としての権利と人間としての尊厳を 尊重し、速やかにYさんを常勤職員にするべきである。

私達自治労ワーカーズコープ職員ユニオンは、市民のセンタ ーを正常な運営に戻すべく、Yさんに対する契約の履行を求め て、あらゆる対抗手段を講じていくつもりである。全ての志あ る人の協力と注目を願いたい。

■自治労ワーカーズコープ職員ユニオン(通称: イキナリ労組) ■

456-0002 名古屋市熱田区金山町1-14-18 全労済金山会館内
PHS:070-5455-6323
TEL:052-678-3111 FAX:052-678-3123
E-mail:nagoyaikinari@yahoo.co.jp
blog:http://blogs.yahoo.co.jp/nagoyaikinari

関連記事:効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンタ ー」職員総入れ替え(JANJAN 2008/03/22)
http://www.news.janjan.jp/area/0803/0803203247/1.php
【緊急】『KYで解雇?』名古屋ボランティアNPOセンター職員が 不当解雇の危機。(AML 2008/05/03)
http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-May/018857.html
『KY解雇』が発生?
名古屋市の施設の指定管理者交代のその後(JANJAN 2008/06/15)
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0806130507/1.php
名古屋イキナリ労組、ふれあいユニオンに合流―柴田委員長への解雇攻撃を許すな!

(酒井徹の日々改善 2008/08/26)
http://imadegawa.exblog.jp/8920499/
労働者の味方の筈のワーカーズコープが組合つぶし? なごやボランティア・NPOセンター(JANJAN 2008/08/29)
http://www.news.janjan.jp/living/0808/0808275639/1.php
KY解雇事件(永瀬ユキのブログ 2008/09/01)
http://www.n-yuki.net/blog.php?itemid=184
労働法軽視「偽装経営者」の温床になるか?市民会議提案の労協法案を考える(JANJAN 2008/09/02)
http://www.news.janjan.jp/living/0809/0808315930/1.php
ワーカーズコープ所長独裁で暴走続く、なごやボランティア・NPOセンター(JANJAN 2008/09/05)
http://www.news.janjan.jp/living/0809/0808295827/1.php
「お題目」会議強制、日常業務は停滞・・なごやNPOセンター 続報
(広島瀬戸内新聞ニュース 2008/09/09)
http://hiroseto.exblog.jp/8588458/
祝!自治労・ワーカーズコープ職員ユニオン発足!(広島瀬戸内新聞ニュース 2008/09/10)
http://hiroseto.exblog.jp/8596096/
型破りの親しみ易さで注目の名古屋・NPOセンター新情報誌『交流感電池』(JANJAN 2008/09/16)
http://www.news.janjan.jp/area/0809/0809127064/1.php
なぜ労働者協同組合か 行政の『安上がり』受け皿の危険(JANJAN 2008/09/17)
http://www.news.janjan.jp/government/0809/0809157277/1.php
名古屋NPOセンターの新情報誌『交流感電池』の編集長、柴田太陽さんに聞く(JANJAN 2008/10/27)
http://www.news.janjan.jp/area/0810/0810250191/1.php
「なごやボランティア・NPOセンター」依然、経営側の暴走 続(JANJAN 2008/12/01)
http://www.news.janjan.jp/area/0812/0811292477/1.php

KY解雇事件まとめ
https://laidlaw2000.wordpress.com/

事件現場:
なごやボランティア・NPOセンター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/

監督官庁:
名古屋市市民経済局地域振興部地域振興課市民活動係
460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号(名古屋市役所本庁舎5階)
TEL 052-972-3120 FAX 052-953-4396
電子メールアドレス n-vnpo-navi@trad.ocn.ne.jp
http://www.city.nagoya.jp/shisei/organization/shiminkeizai/soshiki/chiikishinko/nagoya00046122.html

1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中