「7つの原則」

http://www.news.janjan.jp/area/0902/0902026671/1.php
会議から労組員を排除……ルール無視 「私が決めた」と居直る幹部
上記に投稿されたコメント

上田仁
2009/02/04

さとう記者ご指摘の「7つの原則」ですが、歴史的に何度か変更を経ています。労働組合に関する部分のみ取り上げますが;
1979「労働組合のはたす重要な役割を認識し、組合活動を保証します」
1986「労働組合の重要性を認め、協力・共同を進めます」
1992「労働組合運動や地域の運動との連帯を強めます」

現在の「7つの原則」では、下記のとおり、「労働組合」の文字が消えています。象徴的です。

1:働く人びと・市民が、仕事をおこし、よい仕事を発展させます。
2:すべての組合員の参加で経営を進め、発展させます。
3:「まちづくり」の事業と活動を発展させます。
4:「自立と協同と愛」の人間に成長し、協同の文化を広げます。
5:地域・全国で連帯し、協同労働の協同組合を強めます。
6:「非営利・協同」のネットワークを広げます。
7:世界の人びとと連帯して「共生と協同」の社会をめざします。

もちろん、現行の「7つの原則」から見ても伏見のセンターの事態は異常な訳であり、全日自労という労働組合の就労獲得運動・対案運動に起源を持つ 労働者協同組合が、労働組合の就労要求を頭から潰しにかかるようでは、センター事業団の協同組合に対する考え方に疑問を感じます。

労協の組織原則によれば、T専務理事も、常勤化を拒否されているYさんも、「一人一票」で対等の権利を持つはずであり、T専務理事の「私が決め た」は協同組合においては出資者(=経営者・労働者)に対する背信行為ではないでしょうか。記事を読んで、「すべての組合員の参加で経営を進め、発展させ ます」との言葉の意味をT専務理事に伺ってみたく思いました。なにか「協同の文化」との言葉が虚しく感じられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中