カテゴリー別アーカイブ: 交流感電池

交流感電池についての情報

名古屋・NPOセンターの新情報誌『交流感電池』の編集長、柴田太陽さんに聞く

小宮朗2008/10/27

なごやボランティアNPOセンターの新しい情報誌『交流感電池』の編集長、柴田太陽さ んにインタビューした。市民記者養成講座の狙いは、講座で育った市民記者の方に、身近な話題などを投稿してもらうことで、『交流乾電池』を本当の意味で 「利用者との協同」が実現できる情報誌にしたい、とのことだ。
前回の記事、型破りの親しみ易さで注目の名古屋・NPOセンター新情報誌『交流感電池』で紹介した、なごやボランティアNPOセンターの新しい情報誌『交流感電池』の編集長、柴田太陽さんへのインタビューです。

なごやボランティアNPOセンターは、今年の4月に指定管理者が変わりました 。指定管理者の民間から民間への交代は、全国的にも珍しいものだったようです。指定管理者変更の理由は、名古屋市が情報公開請求によって公開した『選定委員会議事要旨・評価表』によると、記事でも報じられたように、経費削減が大きな理由の1つだったようです。

その後『KY解雇事件』といわれる不当解雇事件が発生して、『安かろう、悪かろう』なのでしょうか、やはりワーカーズコープの管理運営体制には、問題があることが露呈しました。でも、現場の職員達は労組を結成し、一致団結して不当解雇撤回を勝ち取りました。このように、指定管理者が突然変わってしまってサービスが低下している部分も見受けられるというNPOセンターですが、情報誌はかなり面白いものに仕上がっています。

今回は、新しい職員のみなさんが奮闘して作っている、斬新な手作りの情報誌『交流乾電池』についてお聞きしました。

●どうして新しい情報誌を発刊することになったのですか?
この4月、指定管理者が交代しました。指定管理者だった「ぼらんぽセンター・コンソーシアム」から、私たちの「NPO法人ワーカーズコープ」になりました。指定管理者の変更に伴い、以前のコンソーシアムさんの情報誌「ぼらんぽ」にかわり、新たに「交流感電池」を発刊することになりました。

●名前の意味はなんですか?

色んなグループが、それぞれの活動分野や目的、地域、規模の大小、年代というものに関わらず、より一層「交流」し「感電」しあって、そのスパークが広がってゆけばいいな、そんなことを考えて名付けました。

●編集しているのはどんな人達?

私が編集長として編集しています。ですが予算も乏しく、取材と編集はもちろんのこと、印刷や製本まで、全て自分達の手でやらなければならないので、みんなでがんばって、それぞれ分担しながらやっています。

●印刷も自分達でやるんですか?

はい。なごやボランティアNPOセンターには、単色刷りではありますが印刷機が設置されています。また、紙折機、帳合機(例えばページが違うなど種類の 違う紙をひとまとまりの束にする機械、ソーター)もそろっていますので、ちょっとした冊子であれば、手間はかかりますが、格安で作ることができます。どう ぞご利用ください。

●何部くらい発行しているの?どこに行けばもらえるの?

最低でも2000部は発行しています。おかげ様ですぐ「売れて」(注『交流感電池』は無料で発行されています。)しまいますので、最近は増刷をしていま す。6月号は2500部、7月号は4000部印刷をしました。配布している場所は市内の図書館や生涯学習センターなどを中心に、協力をしてくれる飲み屋さ んやカフェ、古本屋、古着屋、ライブハウスなどにも置かせてもらったりしています。主に名古屋市内が中心ですが、NPOセンターのような施設などには、県 外にも郵送しています。

●新しい情報誌の狙いは?

今までの公共施設で発行しているものとは、大きく違うものを出したかったのです。また、NPOやボランティアのことに興味がない人たちにも、読み物とし て、十分に読んで面白い雑誌のようなものにしたかったのです。この冊子おもしろいね、と評判になっていろいろなひとが読んで、よく見てみたら、NPOセン ターの情報誌だった、くらいのものが作りたかった。内容が面白いので、ボランティアやNPOの興味のなかった読者も、いつの間にかボランティアやNPOに も興味をもってしまう……そんなメディアとして広まって欲しいと思っています。

●記事はどうやって決まるの?

読者の興味がありそうな話題というのを、常に意識しながらやっています。ですが本格的に特集を組んだりするほどの力もないので、NPOセンターの業務の 中で知り合った方を中心に、インタビューをしています。職員の中で興味のあることがある人がいたら、それについて少し話を聞きに行ってもらうことが多いで す。

●編集時に心掛けていることは?

「市民活動のすそ野を広げる」ということですね。ボランティアやNPOは外来語です。ほとんど無料で自主的に「いいこと」をやってくれる、というような 意味で理解されていると思います。でも、近所の子供を見かけたら声をかけてあげる。町内で清掃活動をやっていたら、参加してみる。このような活動も公益性 のある立派な『自主的なボランティア』ですよね。自主的な活動は「ボランティア」とか「NPO」という言葉が広まるずっと前からあったものです。

「市民活動」という言い方もありますが、友達同士でやっている草野球チームだって、立派な市民活動なんじゃないかと思うのです。しかし残念ながら、「ボ ランティア」や「NPO」って、ある特定のイメージがついてしまっているような気がするんです。極端なことを言うと、なんか「善良で立派な人」じゃないと できないようなイメージですね。『ボランティアやNPOをしている人たち』が、どこかにいて、その人たちだけの世界みたいな印象もあると思います。『ボラ ンティアやNPO』と『市民運動』が、違うイメージをもって語られることも少なくありません。「交流感電池」のコンセプトは、そういったイメージを変えて みるということです。

ボランティアもNPOも、どっちも自主的にやるものですから、本来的に楽しいものなはずですし『正しいボラはこうだ』というものでもないはずです。活動 紹介ひとつにとっても、ただマジメに紹介するだけでなくて、なんだ、こんなことでもボランティア活動だったのか。結構楽しいじゃないか、なんてノリが広 がって行くことに、情報誌の紙面の編集を通じて、どうやったらアプローチできるか、日々試行錯誤しています。

●取材中苦労したことは?

まずやっぱり、記事を集めてくるのが大変です。職員もみんな素人なので、書き手がいるわけではありません。けっこうな割合で、自分で書くことになります。ですが自分もそんなに詳しいわけではないので、毎号、勉強することがたくさんあります。

次に、編集作業では、具体的なことを言うと、編集ソフトの問題があります。実は編集作業のほとんどを、マイクロソフトの「word」でやっています。正 直、これが相当しんどいです。テキストの改行の問題とか、写真の加工とかが大変です。記事を書き上げても、印刷、紙折をして、最後に製本作業があるのです が、これがかなり大変です。半分に折られたA4の紙を、ひたすら組んでいかなくてはいけない。これを全部手作業でやっています。職員は今9名ですが、なか なか進みません。ボランティアしていただける方、こちらも大募集しております(笑)。

●逆に取材中良かったことは?

いろいろな「出会い」があることですかね。普段はゆっくり聞けなかったことを話せたりもします。

●交流感電池の反響は?

「おもしろかったよ」なんて声をかけて下さる方もいて、作って良かったな、と思うこともあります。とくに、公共施設らしくないところが好評なようです。ですが、まだまではないかなと思っています。

●今後の方向性について

大きな目標としては、「市民に開かれたメディア」を目指したいという思いがあります。読者が記者にもなって、そしてセンターの利用者にもなってゆくよう な関係が作りたいです。そのような関係が作れて、はじめて「開かれたセンター」になるのではないかと思います。そうした取り組みのひとつとして、当セン ターで開催している市民記者養成講座があります。その講座の受講生の方が書いた記事を、交流乾電池で公開していく予定で、いろいろと準備を進めています。

交流感電池の創刊号である5月号の表紙と、7月号の表紙。編集後記は「漏電通信」という名前で、Esamanさんが市民記者養成中と書いている。

市民記者養成講座は、筆者も参加をしてみたいと思っていたもので、自分で記事を書いてみたい方、市民運動などに関わっていてチラシをうまく書きたい方、 リタイヤ後の自分の趣味や思ったことを発表したい方などを対象に開かれており、講師はこのJANJANでも活躍されているEsamanさんです。 Esamanさんは、ご自身でも会報を編集しており、またカメラマンでもあるので、講座の内容も、写真の撮り方や、印刷機の使い方、チラシの効果的なデザ インなど多方面に渡っており、記事を書く以外のことにも役に立つとのことでした。

実際に講座に参加した人の話によると、日記を記事にしてしまう方法、松浦武四郎の紀行文やシーザーのガリア戦記などを「記事」と捉えて読んでみるなど、 発想がユニークで面白かったそうです。また、自分が取材を受けて新聞に記事が載ったときの話をもとに、出来上がった記事を見ながら、記事と取材の現実の話 などもあったそうです。

編集長の柴田さんによれば、この市民記者養成講座の最終的な狙いは、いずれ『交流乾電池』の紙面の多くを、この講座で育った市民記者の方に、自分の市民 活動や、参加したボランティア活動のこと、身近な話題などを投稿してもらうことで、『交流乾電池』を本当の意味で「利用者との協同」が実現できる情報誌に したい、とのことでした。

新しい指定管理者になったNPOセンター。いろいろと問題は発生していますが、新しい情報誌と、市民記者養成講座には、新たな可能性がありそうです。今後、どのような発展になってゆくのかに、大きな期待をよせたいと思います。

◇ ◇ ◇

型破りの親しみ易さで注目の名古屋・NPOセンター新情報誌『交流感電池』

http://www.news.janjan.jp/area/0809/0809127064/1.php

小宮朗2008/09/16

公的な機関の広報紙や中間支援組織の情報誌は、ともするとあたりさわりのない記事か、助成金やNPO法人の取得方法など、専門的過ぎる内容かで、初心者や一般市民にはとっつきにくかったと思います。しかし、『交流感電池』は、読者ニーズを考えたくだけた内容になっています。

なごやNPOセンターよりユニークな情報誌が発行されています。その名も『交流感電池』です。

この情報誌を出している「なごやボランティアNPOセンター」は、名古屋市が設置した官設のNPOセンターです。NPOセンターというのは、NPO活動や市民活動をする人たちが利用できるもので、印刷ができたり、イベントの時に部屋を借りることができたり、ロッカーを借りたりすることができます。

また、NPO活動やボランティア活動についての相談員がいて、いろいろと相談することができます(このような施設のことを「中間支援組織」と呼ぶそうです)。規模や内容は施設によってさまざまで、印刷機やロッカーのないところもあるようです。運営形態は、民設民営、官設民営、官設官営など、いろいろとあり、全国各地にできています。

名古屋のセンターは、当初は名古屋市の直営の施設でしたが、現在は指定管理者制度を導入して、民間の組織が運営しています。このような運営形態のことを「官設民営」と呼ぶそうです。このセンターの指定管理者は、今年4月に変更が行われました。このことは、当時『JanJan』でも話題になっています。

効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンター」職員総入れ替え

新しい情報誌は『交流感電池』という名前で、5月から発行されており、現在は7月号まで発行されています。主に名古屋市内の図書館や生涯学習センターなどで配られているようですが、一部は熱心なファンや友人達の手によって広められ、都内のアンテナショップやライブハウスなどでも入手することができます。

さて、この『交流感電池』ですが、このNPOセンターでは、今まで『ボラんぽ』という情報誌を出していたようですが、それに比べると、かなり「変わった情報誌」になっています。

まず目に付いたのは記者による市民団体代表者へのインタビュー記事です。NPOに興味があり、何かしらの関わりを持ちたいけれど、団体名だけみても何をしているのかわからないし、わからないところに入っていくのはちょっと怖い、そういった人もこの記事を読むことにより、それぞれの活動に携わる人たちの考えに触れることができます。NPOで大事なのは人と人との繋がりで、団体を構成しているのも結局は「人」です。だからまずはそうした「人」を知ることが、関わりの第一歩になります。これまでの情報誌では団体の紹介はしていても、人の紹介はあまりしていなかったので、そういった意味でこういった記事は画期的です。

また、内容は市民活動の紹介だけでなく、市民活動全般、市民の興味のあること全般に渡っています。例えば、6月号では、まちづくりとアイヌ民族の特集。国会での先住民族決議の直前に、決議の問題点やG8について書かれている記事には臨場感があります。7月号ではネットカフェ難民の自立支援団体や、長く地域でホームレス支援をしてきた人、氷河期世代の若者の運動などを扱った「あなたの隣にある貧困」という特集が組まれており、小説『蟹工船』の書評も載っています。ユニオン活動や、労働者の権利の問題などは、多くのNPOやボランティア活動などでは、無視されやすいものですが、ここではしっかり扱われています(このセンターで不当解雇が発生したことにも関係があるかもしれませんが)。

さらに「ボランティア」そのものについて真剣に考えられているような記述も随所にみられました。ボランティアは下手をすると「態の良いタダ働き」になりがちです。そして団体の性質上この部分には目をつぶっている公的機関も少なくありません。しかし『交流感電池』からはこのことにもしっかりと目を向けていこうとしている姿勢が見受けられます。

それから、このような施設の利用者や、中間支援組織では、いわゆる「ボラの人たち」「NPO業界」という言葉で表されるような、独自の専門性というか、オタク性をもった人たちも一定層おり、その「独特なノリ」のようなものに、とっつきにくさや、違和感のようなものを感じたりすることがあります。しかし『交流感電池』の紙面からはそういった雰囲気はあまり感じられません。

難点を挙げるとすれば、印刷に不鮮明な部分(特に写真がわかりにくい)があったり、ページの折り目が不揃いであったりする点です。些細な部分かもしれませんが、せっかくの中身なので、こういった部分で雑に見えてしまうのは、残念なことだと思います。

正直なところ、今までの公的な機関の広報紙や中間支援組織の情報誌というものは、あたりさわりのない記事で味のないものばかりか、助成金やNPO法人の取得方法などの専門的過ぎる内容かで、初心者や一般市民にとっては、よくわからないものばかりだったと思います。このような、ある意味「くだけた」情報誌が出せるようになったというのは、指定管理者を変更したことの、大きな成果のひとつなのかもしれません。

『交流感電池』は、名古屋のNPOセンターの情報誌ですが、都内でも意外なところで見かけることもあるようですので、みなさんも機会があれば一読してみて下さい。

次回はこの『交流感電池』について、こういった情報誌を作るようになった経緯など、編集部へ直接取材したものを元に記事を書きたいと思います。

なごやボランティア・NPOセンター
名古屋市・市民経済局(NPOセンターの管轄局)
ワーカーズコープ労協センター事業団(現在の指定管理者)
なごやボランティア・NPOセンター第2期指定管理者選定経過関係資料(旧指定管理者の一つ、ボランタリーネイバーズさんのページ
『KY解雇』が発生? 名古屋市の施設の指定管理者交代のその後
効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンター」職員総入れ替え

交流感電池 5月号

キャッシュ

NPOワーカーズコープはNさんに謝罪せよ 2008.08.31

交流電池5月号(4月末発行)を掲示します。
例によって、職員の方の個人情報に関する部分は白ベタで塗りました。

先日、交流乾電池6月号(5月末発行)交流電池7月号(6月末発行)を掲示しました。

NPOワーカーズコープは、4月1日から「なごやボランティアNPOセンター」指定管理者として業務を開始していますので、この5月号が、センターの情報誌としての第1号となります。こうして5月号から7月号まで掲示して、改めて感じますのは、月を追うごとに交流乾電池の情報誌としての質の向上と中身の充実です。

本来7月末に発行されるはずであった8月号が、いったいどうなってしまったのか、気にかかるところですが、ここのところ報じられております7月号に関するトラブルで、おそらくは、お蔵入りになってしまったのかと想像します。

8月号、非常に読みたい。

一度、市との交渉でOKをもらった7月号の配布について難癖をつけるワーカーズコープはいったいどうなっているのか、と思うのと同時に、おそらくはその背後には名古屋市の難癖があったのではないかとも、勝手に想像しています。

管理人: 本記事については記事よりも画像データが重要と思いますので、「NPOワーカーズコープはNさんに謝罪せよ」からダウンロードしていたデータを貼ります

交流感電池 6月号

管理人:「NPOワーカーズコープはNさんに謝罪せよ」のサイトの「交流感電池 6月号」の記事のキャッシュを探したのですが、発見できませんでした。よって、ダウンロードしていた画像データのみ貼ります。

交流感電池 7月号(蟹工船特集?)を掲示します

キャッシュ

NPOワーカーズコープはNさんに謝罪せよ 2008.08.27

本日、【転載】『KY解雇事件』再び、か? 名古屋のNPOセンターで異常事態が進行中にて、いま再び、なごやボランティア・NPOセンター指定管理者ワーカーズコープの職員が解雇の危機にあることをお知らせしました。

ワーカーズコープが、あれこれとなんくせをつけているNPOセンター広報誌の「交流電池」の7月号ですが、手元にありましたので、スキャンしてアップします。サムネイル画像をクリックすると、大きな画像が開けて、文章も読めます。(なお、職員の方の紹介があるので、そこの個人名っぽい部分は白で消しました)

表紙&裏表紙を含めて、大変手のかかった中身の濃い冊子です。非常に時間をかけて作られたであろうことは容易に想像できる、読み応えのある広報誌です。

名古屋市とワーカーズコープの協議においてクレームも無い形で発行され、NPOセンターの開架にも「ご自由におとり下さい」と置いてあった冊子。そもそも、NPOセンターの指定管理者選定の際にはワーカーズコープの事業計画案には、以下のとおりに書いてある。

配布条件

2000 部からスタートして配布エリアを拡大する。いろいろと、どんどん地域に発信するとあります。いったい、ワーカーズコープは、柴田氏が、何ももってこれに反 しているというのでしょうか。柴田氏が処分の対象であるのなら、ワーカーズコープはまず、自組織自体を処分するべきである。

8月号が発行されていない以上、7月号が最新号であろうと思われます。私も、「どんどん地域に発信」の手助けとして、ここに交流電池をスキャンしたものを掲示します。ワーカーズコープは感謝してほしいものです。

管理人: 本記事については記事よりも画像データが重要と思いますので、「NPOワーカーズコープはNさんに謝罪せよ」からダウンロードしていたデータを貼ります